いちcafe日記

一日、いちcafe。大好きな毎日のカフェタイムに思うこと、学び得たこと、実践したことを綴っています。

新緑の竹林寺@高知市五台山

新緑が気持ちのよい五月晴れ。

久しぶりに、高知市五台山にある竹林寺へ行ってみました。

 

竹林寺とは

四国霊場31番札所の、お遍路のお寺です。

 

ホームページ↓

四国霊場第三十一番札所|高知県高知市・五台山竹林寺

 

高知市の五台山という小さな山の中にあります。

竹林寺の隣りには牧野植物園があり、五台山は人気の観光スポットでもあります。

 

竹林寺も、とても景観のよいお寺で、観光としても楽しめるお寺です。

詳しくはこちら↓

重要文化財の本堂や名勝庭園|竹林寺

 

竹林寺の正門から本堂へ

青楓の新緑が映える、竹林寺の正門をくぐって、

f:id:kayoko_cafe:20200505221609j:plain

 

本堂へ向かって石畳を進み、階段をのぼると…

f:id:kayoko_cafe:20200505221722j:plain

 

本堂がどーんと構えています。

f:id:kayoko_cafe:20200505223035j:plain

 

仏さまからのご慈悲を頂いた思い出のある本堂

この本堂の姿を見ると。

もう15年以上前のある出来事を思い出します。

 

その頃、私は中学校で英語教師をしていたのですが。

うつになってしまい、休職していた時期がありました。

 

ある時に、ふと竹林寺に向かい、正門から階段を登って、この本堂を目の前に見た瞬間。

私は号泣してしまい、しばらく立ちすくんでしまいました。

 

あまりに突然で、自分でも何で泣いてるのか分からない状態だったのですが。

「本堂にいらっしゃる仏さまが、うつで人生のどん底にいた情けない私に、慈悲の思いをお恵み下さったんだ」

と、悟りました。

 

そして、その時に初めて、「慈悲」とはこういう感覚なのか、ということも体感しました。

何より、目に見えない存在?からの何かを感じたのも、この時が初めてでした。

 

人間が慰めるのとも違う、何とも言えない、優しさ。

周りから見たら、社会から見たら、デキの悪いダメ人間だと思っていたこの私を、唯一、そっと受け止めてくれたような、そんな感覚を覚えて、泣いてしまったのでした。

 

この出来事で、私は(というより私の魂は)少し救われたように思い、以来、折々にお礼の参拝をするようになりました。

 

今回も、何となく竹林寺の新緑が見たくて、参拝に訪れたのですが、境内に入るや否や、また泣きそうになって。( ;  ; )

 

実は、一週間前に、子宮に問題があって、軽い手術をしたんです。

その事に対する、仏さまからのいたわりの思いがふっと入ってきたからだと、すぐに気づきました。

ありがたいことです。

 

竹林寺の五重塔

本堂に向かって、背後には五重塔。

f:id:kayoko_cafe:20200505223115j:plain


青葉に朱色の塔が、本当によく映えてました。

 

青楓と山ツツジ

本堂から西門に向かっていくと右手にあるお堂。

この時期の山ツツジが鮮やかに咲いていました。

f:id:kayoko_cafe:20200505223140j:plain

 

参拝後の帰り道は、まるで新緑のシャワーを浴びて浄化されたような感覚に。(^ ^)

f:id:kayoko_cafe:20200505222501j:plain

 

新緑や青楓の清々しい景色は、この時期の「ごちそう」です。

 

静かな境内で、仏さまと自然に癒された、竹林寺でのひと時でした。

 

今回のショートムービー ↓

 


新緑の竹林寺@高知市五台山

 

 

kayoko@おうちcafe

 

高知のお花見や自然の景色を楽しめるスポット集 ↓

www.kayoko-cafe.com