いちcafe日記

一日、いちcafe。大好きな毎日のカフェタイムに思うこと、学び得たこと、実践したことを綴っています。

6月の草花の歳時記:蓮池公園のハス@土佐市

そろそろ土佐市の蓮池公園のハスが見頃を迎えるんじゃないかなーと思い、見に行ってきました。

 

f:id:kayoko_cafe:20200624191700j:plain 

 

 

まずは動画でご紹介! ↓


はす 〜ロータス〜@土佐市 蓮池公園

 

 

蓮池公園のハスって? 

高知県土佐市にある、蓮池(はすいけ)公園は、敷地のほとんどが池で、その池の全面でハスを育てています。

池の間に通路があって、池の合間を縫うように散歩しながら、一面に咲くハスの花を鑑賞することができます。

 

f:id:kayoko_cafe:20200624191759j:plain

 

池一面に咲くハスが幻想的

ハスの花は、仏教などで古くから神聖な花として扱われてますよね。

池一面に咲くこのハスの花を眺めていると、何だか幻想的な風景に見えます。

 

f:id:kayoko_cafe:20200624191843j:plain

 

まるで、涅槃(ねはん)の世界にでも迷い込んだかのような、ほわ〜っとした気分になるのは、私だけでしょうか。(笑)

 

蓮池公園のハスの見頃

6月下旬〜7月初旬が見頃

ハスの花の見頃は、6月の下旬から7月の初旬です。

そう長く咲くわけでもないので、短い旬のタイミングをめざしていきたいですね。

 

午前中に見に行くべし

ハスの花って、朝咲き始めて、お昼前にはだんだん花が閉じていくんだそう。

ということで、午前中に行くと、きれいに開花したハスを見られます

 

ハスの花が咲く時は、「ポンッ」って音がするんですって。

朝早めに行って、その咲く音とともに鑑賞してみるのもいいですね。(^ ^)

 

蓮池公園には2種類のルーツを持つハスが咲きます

蓮池公園に行くと、ハスの種類についての看板が設置されてまして。↓

 

f:id:kayoko_cafe:20200624192009j:plain

 

この公園では、「大賀蓮(おおがはす)」「八戸茶碗蓮(やえちゃわんはす)」の2種類のハスの花が咲きます。

 

看板によると、厳密にはこの2種類をルーツとしたハスが、交雑と実生を繰り返してきたため、現在見られるこのハス達は純粋種とは異なってきているそうです。

 

ハスは交雑が起こりやすくて、一度交雑すると、その子孫が次々と形質を変化させていくんだそう。

泥の中から美しい花を咲かせる、というイメージもそうですが、何だか見ための神聖さとはウラハラに、たくましいサバイバル力を感じますね。(^^;)

 

大賀蓮(おおがはす)

f:id:kayoko_cafe:20200624192049j:plain

 

公園の看板によりますと、大賀さんという博士が、千葉県検見川の2000年ほど前の泥炭層から、3粒の種子を発見したそうで。

そのうちの一粒が発芽して、各地に広がったんですって。

すごいですね。

 

大賀蓮は淡いピンク色で、一重咲き。

 

この蓮池公園では、入り口から見て右手(東側)と、奥のエリア(住宅沿い)が、大賀蓮系じゃないかなと思います。

 

八戸茶碗蓮(やえちゃわんはす)

在来の園芸種で、濃いピンク色の八重咲きのハス。

大賀蓮と比べると小ぶりで、花びらが、もこもこ・くしゃくしゃ、って感じで咲いているのが、八重茶碗系のハスです。

ちょっと洋花のような華やかさもあるかな。

 

この蓮池公園では、入り口から見て左手(西側)のエリアが、濃いピンクで小ぶりのハスが多く咲いているので、八重茶碗蓮系のようです。

 

蓮池公園までのアクセス

土佐市の蓮池公園が目的地です。

隣に蓮池コミュニティセンターがあって、その駐車場にたどり着けばOKです。

その駐車場から蓮池公園に入ります。

 

カーナビだと、

高知県土佐市1332

で向かうと、辿り着けます。

 

Googleマップだと、「土佐市 蓮池公園」で検索すれば、アクセスできます。

 

料金・駐車場

蓮池公園のハスを見るのに料金はかかりません。無料です。

 

車で行かれる場合は、蓮池公園の隣の蓮池コミュニティセンターの駐車場に車をとめさせてもらって。 (駐車料もかかりません)

15台ぐらいとめれる駐車場ですが、見頃の時期の週末なんかは割と見に来る人が多いので、駐車場もとめにくいかも。

午前中、早めに行くのがベターです。(^ ^)

 

同じ時期に「土佐市の早咲きのひまわり」も見れます

ハスの花が咲き出す6月下旬は、同じく土佐市の、そんなに遠くないところに「早咲きのひまわり」も見ることができます。

詳しくはこちら↓

www.kayoko-cafe.com

 

 

kayoko@おうちcafe

 

その他、高知のおすすめスポットはこちら↓

www.kayoko-cafe.com